レッスン(6回目)

2018/05/17 Thu 14:10

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン

レッスン(5回目)

2018/04/25 Wed 13:27

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン

脳トレ中(追記あり)

2018/04/15 Sun 11:34

久々にツェルニーを本気で頑張っていたら、意外な理由で弾けなくてびっくり。
10番などは、もう散々やってきた(断続的ではあるけど2年半も抱えていた)曲なので、自分で楽譜が書けるんじゃないかというほど覚えているはずなのに、テンポを上げると脳内データの読み込み?に時間がかかって「えーと?」と一瞬止まってしまう。

以前はこんなことはボトルネックにならなかった気がするんだけど。
指が回らないとか転ぶとか、手の形が変だとか痛くなるとかの問題ばかり気になっていました。年齢?(爆)それともずっと速い曲をやっていなかったから脳がなまったのか?
(もちろん脳だけの問題じゃなく、指や手にも大いに問題ありますけどね←鋭意工事中)

前と違うのは、ツェルニーでも音楽的表現をはっきりつけようとしていることもあります。正直今まで殆どスルーしていました。

これがかなり脳内メモリを使うようです。強弱はもちろん、アーティキュレーションなども。オクターブのスラーや鋭いスタッカートをきれいに弾くのはもう片方の手でいっぱいっぱいのときにはかなり難しいです。他にも、dimの指示があったら、そこから徐々に小さくするのですが、どうもそれが目に入った瞬間に小さくするという反応ができてしまっていて、そうじゃないと思い出すのにも脳内メモリを使っていたり。必死で弾いていると、そういうことをすっかり忘れて通過してしまってから気づくこともよくあります。

自然と入れたくなる強弱とは違う指示が、結構あります。ボーっと弾いているとそうなってしまうのですが、きちんと指示通りの強弱入れると、意外と(笑)良い曲だったり♪そりゃ名曲じゃないですけどね

ということで、一度に多くのことを考えつつ高速で弾くトレーニングみたいな感じで、脳トレ?リハビリ(笑)中です。


10番は、あと少しテンポアップしたら仕上げと言われましたが、多分指定されたのより少し速く弾いちゃってます(汗)
焦ると速くなって自滅するパターンですね。もっとメトロ練必須です。


11番は次回からみてもらいます。譜読みだけはずっと前にやってあったのですが、こんなに速く弾く練習は初めて。「Presto」スルーしてました 凡ミスや強弱つけ忘れなど、色々やらかしてます


なんだかんだ言って、ツェルニー少しずつ楽しくなってきました。
一生弾けないかもと思っていた10番のトラウマから、少しずつ解放されてきたからかな~♪

(追記)
↓これまでの練習動画を集めてみました。他の記事にアップしたものもあり、初公開のものもあります。
>>続きを読む・・・
【動画】ツェルニー | コメント(4)

久々の対面

2018/04/13 Fri 13:40

先日コタの入学式があったのですが、その少し前に入学式後の週末に練習会があるとのことでお誘い頂きました。
疲れ切って行けないかな?と心配でしたが、意外にも元気に参加できました。
(入学式翌日のレッスンは練習もできてないし、何でこの日にしたんだーと自分にツッコミ入れてましたが)

こちらのホールは、記憶をたどってみると約5年ぶりの弾き参加です。
当時は、ベヒシュタインのタッチが音から受ける印象と違うのにとまどい、難しいピアノだなぁという印象でした。
IMG_20180408_144350.jpg

あれからたくさんのピアノを弾く機会があり、レッスンでもたくさんのことを教えて頂き、経験を積んだことで、今回は比較的すぐに仲良くなれた気がします。でも5年前に感じたちょっとした違和感はまだ覚えていて、そういう記憶って長く残るものなのですね。

経験を積んだという意味では、去年6月にピアノを買い換えたことも大きいかも。
今のピアノはまだ1歳で発展途上ですが、だんだんお転婆が出てきて、雑なタッチで弾くと本当につまらない音がします。どうやって弾いてもおしとやかできれいな音が出てくれた前のピアノとは全然違って、楽しいけど難しい。
そのせいで、モーツァルトでは相当タッチが鍛えられた気がします。

でも、仲良くなったつもりで色んなことをしたはずなのに、録音を聴くとまだまだなんですけどね。
せっかくのベヒシュタインのフルコンですが、音色が殆ど同じ。随分表情をつけたつもりだったけど、そんな程度では聴き手まで届かなかった。汚い音ではなかったのが救いですが。

弾いたのは、モーツァルトK330 1楽章と、ベートーヴェン 20番1楽章。それくらいしか人前で弾ける曲がなく。
今回詳細が事前にあまり分からず、行ってみたらドタキャンなどもあって一人当たりの時間がたっぷりあり、リハモードと本番モードの配分は自由だったので、もっといろいろ曲を持っていけばよかったなあ。ラヴェルとかも弾いてみたかったです。(リハモードで)

先月の発表会からまだそれほど経ってないのに、贅沢な練習会でした。
チェロとのアンサンブルが最高に素敵でした。弦楽器、とくにチェロの音域とはことのほか合うように思います。
練習会 | コメント(2)

レッスン(4回目)

2018/04/11 Wed 12:50

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン
 | HOME | Next »