優しい曲が弾きたい(1)

2017/10/11 Wed 12:50

「易しい」曲・・ではなくて(笑)

次回の教室発表会が来年1月下旬ということで、コタの受験直前なのです。
そんなに背伸び校を受けるわけでもなく、私が何かするわけでもないのですが、ちょっと身軽にしておきたく、いろんな意味で優しい曲ということで選曲中です。

・手に優しい(ベトソナは手に負担が大きかったので、今度はあまり負担がない)
・心に優しい(少しでも明るい気持ちになれるような、きれいめな曲)
・脳に優しい(あまり譜読みが難しすぎない)

などなど、今まで何となく「ちょっとくらい無理してでも弾きたい!」「努力すればきっと弾ける」という熱い(暑苦しい?汗)選曲が多かったのですが、ちょっとテンションを変えただけなのですが、見えてきた景色が違ってすごく面白い。どんどん選択肢が増えてきて、選ぶのが難しくなってきました。

最初はいつも、いろいろ入っている名曲集を開くのですが、今まであまり興味が無かった、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」にふと惹かれて、第一候補に。(→ところが、これが意外と弾きにくくてどんどんランクが下がり中なのですが)

この方の演奏、すごく活き活きしていて大好きです。こんな風に自由に弾けたらいいなあと思うのですが、聴いた感じよりもずっと弾きにくいんですよね。

以前シューマン「森の情景」を弾いたとき残念ながら外した「寂しい花」もいいな~♪1曲だと短いので、「森の入口」も弾きたいけど、これはちょっと手に優しくはないので「予言の鳥」を解凍しようかな、とか。

ヘンデルがどうも指にしっくりこないので、いっそバッハの方がいいかなと思いついたのが、フランス組曲4番。温かくて爽やかさもあり、大好きな曲です。シンフォニアの譜読み地獄のおかげか、この曲は譜読みが楽かも。指馴染みも良くて、弾き心地が良い。バッハさんすごい。

某所で相談したところ、Yさんにグリーグやシベリウスは?と言われ、手持ちの楽譜を見てみました。
ビビっと来たのがグリーグの「蝶々」。これはずっと好きな曲なのですが、楽譜を見ると細かい音が多くて臨時記号が多すぎて譜読みをする気が起きなかったのでした。でも、じっくり読んでみたらそんなにややこしくなかった

同じくYさんに教えて頂いたのが、イベールの「物語」という曲集。Youtubeで検索したら、結構お子様の演奏が多くて、第一印象あまり惹かれなかったのですが、こちらの演奏を聴いて印象が一変しました。
素晴らしい曲だけど、曲が助けてくれないタイプかも。でもこんな風に弾けたらいいなぁ

楽譜を買ったのですが、臨時記号も多くリズムも複雑で、コピーして製本したような印刷で目に優しくない・・(苦笑)

長くなったので、(2)に続きます・・(←まだあるんかい!笑)
スポンサーサイト
選曲 | コメント(2)

レッスン(2017-18回目)

2017/10/10 Tue 23:38

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン

ベトソナ苦戦記(レッスン)

2017/10/02 Mon 11:33

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン
レッスンは終わって、先日本番でも弾いたシンフォニア7番ですが、やはりどうしても納得がいかず、未だに弾き続けています。

それとは別の話ですが、最近コタがインベンション大好きになり、デジピで色んな音で弾いて楽しんでいるのですが、オルガンの音がすごく好きらしく、びびっときました。
この曲、オルガンだったら雰囲気出しやすいかも・・!
やってみると、出だしの部分のレガートがとても荘厳な感じでピアノには出せない味わい

こんな風にはどうやっても弾けないのですが、煮詰まっていたところにちょっと新鮮な風をもらった感じで、また新たな気持ちでいろいろ工夫してみました。

先日の本番では、少し遅いテンポを目指したことで、さらに難易度を上げてしまったようで、レガートがうまくできないと音がブツブツ切れているのが目立つし、タッチがちょっと乱れただけで変なアクセントみたいになり、音楽的に意味不明な音の羅列みたいになってしまいます。

それで、最終的には少しテンポを戻して、オルガンのイメージで弾き納めを録音してみました。
OA先生がシンフォニアで一番難しい曲と言われた7番、長く引っ張って頑張ったのですが、結局7月にレッスン終わったときとあまり変わっていないかもしれませんが、今の時点での記録ということでアップしておきます。

シンフォニア7番(9/11)

ピアノを買い替えて良かったなあと思うのは、やはり反応が繊細なところですね。
前のピアノは本当に良い子で、割と弾き方が雑でもきれいな音が出てくれたのですが、逆にいうとどう弾いてもあまり音が変わらなかったというところが、普段の練習用としては物足りなさを感じていたところで。

録音して聴いてみると、以前から満足いく出来ということはまず無いのですが、アップするのに以前の数倍勇気が要るようになりました。細かいアラが、まあ目立つこと!でも、きれいに鳴ってくれたときは格別な響きがするので、細かい練習にも張り合いが出ます。外で気難しいピアノちゃんに会った時も、あまりビビらずに弾けるようにもなりました(笑)

そんなことで、最初にアップしたのが本番録音で、家での弾き納め録音にレッスンが終わってから2か月近くかかってしまいました。今後は、少しずつでも勇気を出して、成長記録としてもう少し録音を残すようにしようかな。
【録音】バッハ | コメント(2)

レッスン(2017-16回目)

2017/09/11 Mon 23:44

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン
 | HOME | Next »