この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
発表会

聴き参加の楽しみ

2017/03/13 Mon 14:41

発表会カテゴリですが、自分は弾いていないという・・(笑)
最近、聴き参加が楽しくなってきました。

よーく考えてみると、自分はピアノを弾くのは無条件に好きなのに、聴くとなると楽しみ方をあまり分かってなかったような気がします。
いえ、今も何かを深く悟ったのかと言われると全然そんなことはないのですが、タッチというものを意識するようになってから、音そのものから受けとることが格段に増えて、聴くことがぐっと楽しくなりました。
CDでも楽しいのですが、生演奏、特に「本気の」生演奏はとても刺激的です。

プロの演奏会はお高いのでそうそう行けませんが、お仲間の発表会は殆ど無料ですし(ありがたい)、プログラムも凝ったものが多くて面白いので本当に楽しいです。

ということで2つの発表会に行ってきました。
1つ目は「イロモノ」オフという毎回お題を設定してそれに沿った選曲をし、壮大なスケールで面白企画が盛り込まれた、とにかく楽しい会です。今回のお題は「ピアノバトル」ということで、真っ向勝負で戦いに関係する曲を選ぶもよし、こじつけでもよし、とにかくピアノバトルに関係する曲を弾くことになっていました。

場所が遠かったのと、いろいろお疲れで遅れての参加だったので、最初の方は聞き逃してしまいましたが(本当はオープニングなども凝っていて面白かったはず)、途中からでも十分面白かったです。
コスプレあり、寸劇あり、抱腹絶倒のミニ映画まで・・!
これができるのも、この会のスタッフや常連メンバーの遊び心とそれを実現できる才能のおかげでしょうか。(そして個性的なキャラが多すぎる・・笑)

演奏を楽しんだ後は、オショーズ主催なので、お言葉に甘えて2次会までドタ参加させてもらってしまいました。
あちこちにご迷惑をおかけしましたが(すみません!)、おかげさまで、なんだか一緒にピアノバトルに参加したような1日でした。本当に楽しかったです。

そしてつい先日は、本格的な演奏会形式の発表会(いや、演奏会なのだろうな、きっと)に行ってきました。
こちらは、一人でソナタ丸ごととか、組曲全曲とか、殆どの方が15分以上の枠で弾かれるのですが、そのプログラムが濃ゆい。

アウェイな会ではありましたが、演奏される方は半数くらいは知り合いで、会場に入ると温かく迎えてくださり、とても居心地良く過ごさせてもらいました。

こちらはガチで演奏を聴くプログラムで、大好きなバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンなどの大御所あり、メンデルスゾーン、ショパン、ドビュッシー、シューベルト、アルベニスなどの名曲、そしてオオトリは和もので中田喜直の組曲とバラエティに富んでいて全く飽きることなく最後までがっつり聴かせて頂きました。

どれも聴かせる演奏ばかりで、本当に素晴らしかったです。
個人的に意外なところで印象に残ったのが、今まで気づかなかったメンデルスゾーン小品の大人~な魅力。アルベニスの音の世界の美しさ。ドビュッシーも、無機質な気がして苦手だったのが、少し映像が浮かぶことも。雨のしずくとか。楽しい!

会場とピアノが素晴らしくて、演奏者によって音の個性がはっきりしていて、面白かったです。私もタッチを改造してきれいな音が出せるようになったら、いつか弾いてみたいなぁと思いました。今はつまらない音しか出せない気がするけど~

また楽しそうな発表会、物色します~♪
発表会 | コメント(0)
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
発表会

発表会2016年秋

2016/12/09 Fri 17:10

もう3週間くらい経ってしまいましたが、教室の発表会が終わりました。
私が入門してから再開された発表会は年2回の開催で4回目になりますが、今回はいつもと違うサロンで。

実はその少し前に、運よくこのサロンで練習会に参加することができ、ピアノと当日はじめましてではなかったのですが・・
私にとって弾きやすいかと言われると、ちょっと難しいピアノ。弾いている自分にあまり音が聞こえないのです。客席からはきれいに響いて聞こえます。音もまろやかで美しい、素敵なピアノなのですが。
ペダルは深くて遊びが大きいのですが、これも我が家のピアノとも師匠宅のピアノとも違っていて、少し踏んでも全く効かないので何度もスカしてしまいました。汗

それから、鍵盤がちょっと緩い(ぐらぐらする)感じで、いつもの鍵盤感覚が使えなくなってしまう・・。これは相方様に教えて頂いたのですが、スタインウェイはそういう調整をすることで、音の変化をつけやすくすることがあるそうです。悪い状態ということではないということですが、慣れないとすごく不安定な感じで弾きにくいと感じるかも。

今回もリハは十分時間をかけてくださり、ミニレッスン付きで弾きにくい箇所をもう一度弾かせてもらえて手厚く対応してもらいました。上手な方や、お子様たちなどはこれでさらっと本番弾けてしまうのですが、私はこのピアノに慣れるにはもう少し時間がかかりそうです~。

でも、そもそもマズルカの方は準備に時間が足りなかったので、ピアノ関係ないかも~Σ(´Д`*)
なので、今回で終わりではなく、しばらく寝かせておいて、来年2月末の本番で再度リベンジすることにしました。


連弾は、少しは手が慣れたのか相方様のオーラに助けられたのか、普段の状態に近い演奏になりました。ちょこちょこやらかしてはいますが、ピアノの音を楽しみながら弾けて幸せでした。



プログラム開始前に師匠より、亡くなった友人のお話があり、師匠と相方様と私の3人の追悼演奏で「G線上のアリア」を弾かせて頂きましたが、まったく知らなかった方もいらっしゃって、泣きながら聞いて下さっていたそうです。その1人が小3でピアノを始めたお子さんのお母さまで、発表会のときには私やコタと、亡くなった友人も一緒に食事したり長い待ち時間におしゃべりしたりしていたんですよね。突然聞かされて、とてもショックだったと思います・・。


今回、リハ時間中にたまたまそこにいたという理由で、ピアノの先生もされている上級者さんのバイオリンソナタの譜めくりを頼まれてしまいました~
譜めくりは苦手だし、本番の譜めくりなんて初めてで、しかもドビュッシーなんて迷子になりそう・・大汗
リハでもド緊張して一度ミスしてしまったのですが、そこは実は一番譜めくりが必要な個所で、次のページでいきなりわかりにくい跳躍があって急にテンポが速くなるのです。(←そんなところに譜めくりポイント作るな~~>出版社)

リハのときは、本番は違う方(いつも頼まれる方がいらっしゃるので)にお願いするのかと思いきや、本番もよろしくお願いしますとのことで、自分のソロの緊張なんてどっか行っちゃうくらい緊張~汗 でも師匠も「勉強になるからやってみれば」と言われ、恐縮しながらお受けしました。

アンサンブル曲ということで、楽譜が複雑で大変と思いましたが、実際には迷子対策にはバイオリンのメロディも助けになるのでよかったです。といっても、分かりやすいメロディではなく、普通にメロディと伴奏という形でもなく、リズムが難しくてあちこち見ながら全神経を集中してやっとついていってる状態でしたが。

とても優しい方で、演奏後「とても弾きやすかったですよ」と言ってくださいました。なんとか無事終えることができて、自分が弾いたわけでもないのに、ものすごい安堵感と達成感♪客席で聴いていたら、どういう曲なのか分からないままだったと思うのですが、楽譜を見ながら目の前で弾くのを見ることができて、とても勉強になりました。ドビュッシー難しい・・でもクセになる人の気持ちは何となく分かるかも。この楽譜でどんな音になるんだろう・・と思うと想像を超えた独特な世界観の音が出てきて、決まるとカッコいいのですよね。


今回参加者が少なめだったので、師匠の演奏がプログラムに明記されていました。
いつもは時間があればという意味なのか何も書かれていなかったのですが・・。
そして演奏曲はモーツァルトのK576全楽章!うわ~私の超憧れ曲です。しかも全楽章だなんて、嬉しすぎる。
リハのときも全楽章弾かれて、本番でも聴かせてもらって、感動でした

自分も弾いたピアノ、しかも弾きにくくて撃沈したあのピアノでこんな風に弾けるとは。ものすごく弾きやすそう。あとでサロンのオーナーさんに「良いピアノですね」とおっしゃっていたので、かなり気に入られたようです。
うう、私もその良さを味わって弾けるようになりたい・・。ご近所なので、一人で借りるにはちょっとお高いですが少人数でがっつり練習する会などを開いて、こういうピアノに慣れておきたいな。

自分のソロのことだけ考えると凹みますが、アットホームな発表会でリハから打ち上げまで、とても充実した楽しい時間でした。また次回もたぶんこちらのサロンになりますので、次回まで準備頑張ります。
発表会 | コメント(2)

古くて新しい発表会

2016/10/08 Sat 01:15

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
発表会
 | HOME | Next »