2016年振り返り

2016/12/30 Fri 23:55

やはりこの時期、1年を振り返りたくなりますね。
今年は特に、常に何かに追われるように頑張っていたけれど、一体何をやっていたんだろう・・(苦笑)

実際、イベントを整理してみると、本番が8回もありました!
1月に集中していたり(ほぼ同じ曲弾いた)、1回しかレッスン受けずに弾いちゃった曲などもありますが、いろんな意味でチャレンジしまくった1年でした。
イベントの詳細はたたんでおきます。

シューマンにはまる
昨年後半、子供の情景を本番で弾きましたが、さらに「森の情景」に惹かれ、2曲を本番に弾きました。
聴いた感じはそこまで難しそうでもなく、楽譜も一見普通なのですが、実際弾いて初めて気づく弾きにくさ。ある方によると「ショパンはプロが作った素人向けの曲。シューマンは素人が作ったプロ向けの曲。」(←だったかな?)とのこと。
でも、どんなに弾きにくくても、出てくる音楽の素晴らしさに参ってしまい、よろよろと練習して少しでもシューマンらしい音楽を自分で作ってみたくなるんです。まともに弾けたことはないけれど、これからもまた挑戦してみたいです。

初ドビュッシー&ラヴェル
3月の教室発表会では、いつか弾いてみたかったドビュッシーに着手しました。曲は、以前から気になって譜読みだけはしてあった「夢」。ラヴェルは、偶然ですが大学時代の旧友と結婚式以来の再会でピアノ連弾をしたのですが、彼女のお勧めがラヴェルの「マメールロワ」だったことから、そこで合わせてみるうちに気に入ってしまい、本番で弾くことになったのでした。ラヴェルで弾けるのは多分この曲だけ・・かな(笑)
ということで、3月の教室発表会はフランス物づくしになったのでした。

初めての連弾レッスン
これまで、連弾は何度かやったことがありましたが、個人練習をしておいて当日リハで初合わせでそのまま本番というパターンが多かったんですね。事前に合わせ練習したことはありましたが、レッスンまで受けたのは多分初めて・・だと思う。
連弾のレッスンは、格別に楽しかったですね~。私ばかり注意を受けてしまい、なんだか申し訳なくて凹んだりしたことはありましたが、それでもオケの全体練習で指揮者の指導を受けているような楽しさがありました。
連弾がいいのは、本番あまり緊張しないということもあります!やはり一人でステージに立つというのはすごく緊張を強いられるものなんだなぁとつくづく思います。連弾楽しいので、来年もたくさんやってみたいです。

初めてのソナチネ全楽章本番
ソナチネは子ども時代に多分1、2曲やっただけなので、本番で弾いたことはありませんでした。(発表会がない教室だった)
あ!今思い出しましたが、再開後の最初の発表会はソナチネでした。でも1楽章だけ。今回は猫カフェ発表会のときに全楽章(といっても2楽章構成ですが)を弾かせて頂きました。
本当はさらっとレッスン終わらせるつもりだったのですが、意外にもすごく面白くなってしまい、結局何度もレッスンしてもらって練習もそこまでやるつもりではなかったのに(ソナチネは、本番とはいえ、お楽しみコーナーだったので)、一番頑張ったのはソナチネだったかも・・(笑)

それから、今年の秋には、ピアノを通じて知り合った大切な友人とのお別れがありました。
明るく溌剌としていて、初対面のときからフレンドリーに接してくれて、教室の小さなイベントなども企画してくれたり、とても社交的な方でした。元気な彼女しかお会いしたことが無いので、未だに信じられない思いです。
健康でピアノを弾くことができることが、奇跡のように思えるようになりました。彼女との出会いに感謝し、ときどき彼女のことを思って弾いていきたいと思います。

★本番で弾いた曲
・シューマン 子どもの情景より(見知らぬ国と人々、珍しいお話)
・ショパン ノクターン 9番
・フォーレ Op.84-5 即興曲
・ドビュッシー 夢
・ラヴェル 【連弾】マメールロワより(プリモ)
・フォーレ  無言歌3番
・シューマン 森の情景より(予言の鳥、別れ)
・ベートーヴェン ソナタ7番2楽章
・クレメンティ ソナチネOp.36-6 全楽章
・ショパン マズルカOp.63-2&3
・バッハ 【連弾】目覚めよと呼ぶ声あり(プリモ)
      【連弾】主よ人の望みの喜びよ(プリモ)

★その他レッスン曲
・ツェルニー40 10番
・バッハ シンフォニア 1、2番
・ベートーヴェン ソナタ7番1楽章
・モーツァルト ソナタK576 2楽章

今年のイベント ↓↓
 
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
まとめ | コメント(6)
 | HOME |