シンフォニア7番 練習中

2017/06/23 Fri 01:27

テーマが、「たぁーたぁーたぁーたぁーー」(by師匠)になってしまわないように、あらゆる工夫をしつつ練習するのですが、弾いているときには分からないので録画してみました。

レッスンのときの音源よりは少しマシな気もしますが、まだまだレガートには程遠いですね・・汗
そして後半、右手と左手の強弱をそれぞれ別につけてみようなどと頑張っていたら、左手の親指がひどい。注意されたことに全く意識がいってない状態です(爆)

細かいところは、まだこれからです。
ぶちぶち切れてることやペダルの濁りや、バランスや音色や・・気が遠くなりそうですが。

現状ということで、晒します。
O先生曰く、シンフォニアの中で弾くのが1番難しい曲らしいです。ややこしいのもありますが、このレガートをきれいに弾くのは本当に難しい。
スポンサーサイト
【動画】バッハ | コメント(2)

シンフォニア6番

2017/04/14 Fri 13:39

お正月頃に譜読み始めて、先日のレッスンでようやく終わりました。
すっかり新曲(7番)の譜読みに没頭していて、あっという間に忘れそうなので、焦って録画しました。
穏やかな気持ちになれる長調のこの曲、とっても好きでした。
途中からタッチの改善に取り組み始めて、最初の録音とは音がすごく変わりました。同じ曲なのでよく分かって面白いです。


譜読み中の7番、片手ずつでも手ごわいです・・汗
でも、片手ずつでも綺麗で楽しめます!
【動画】バッハ | コメント(2)

シンフォニア2番

2016/12/24 Sat 15:00

発表会以降、2度レッスンがありましたが、なかなかレポを書けなくなってきていて・・
レッスンの日はアクセスが微妙に多いので、何人かの方は楽しみにしてくださっているのかな。
ありがとうございます!更新できなくてすみません。
結構本番をたくさん入れてしまって、曲もレッスンも多くなり、負担になってしまっているのと、録音のときは文章にすることで自分の復習にしていたのですが、録画方式にしたことで文章にまとめる必要性があまりなくなったこともあって。
これについては、この先どうするかちょっと考えてみますね。

シンフォニア2番、一昨日のレッスンで一応終わりました。
最後まで「うーん、どうしましょうか」と悩まれて、以前に「あと1回か2回で終わりにしましょう」と言われたことから「では、次に行きましょう」という何だかあまりすっきりしない終わり方でしたが、結果的には良かった気がします。

この曲は技術的に難しくて、あちこちすんなりいかないところがあり、安定して弾けないんですね。
ここはこの曲で頑張るよりも、少し他の曲もやりつつステップアップして、また戻ってきたら少しはできることが増えているといいな、ということで。

でも、終わったと言う解放感で少し気分が変わり、今回のレッスンで教えてもらったことをきちんを消化したいという思いで、新曲の譜読みもせずにこちらの曲を丁寧に復習しました。こちらに録画をアップすることで、一旦卒業にしたいと思います。

拙い演奏ですが、よろしければ。



次は6番になりました。
前回から好きなの選んでいいことになっていたはずですが、何故か今回は師匠からのご指定でした。
譜読み楽しみです♪
【動画】バッハ | コメント(6)
本番間近というのに、バッハにもどっぷりはまっています。
ずっとシューマンを弾いていると手も疲れるので、ちょうどいい手の柔軟体操のような位置づけだったりもします。
それに、メインがシューマンが精神疾患で苦しんだ頃に書かれた「ちょっとやばい」曲なので、バッハで浄化することで気分転換にも良いんです。

と、言い訳を並べてますが(笑)、やはりバッハは楽しいのでしょうがない。爆
お聞き苦しいですが、超ビフォー版です。

結構ややこしい曲でしたが、譜読み頑張りました。難しかったけど楽しめたのは、これまで苦労した甲斐があったというものでしょうか。いつも最初は適当に弾いていてなかなか覚えられないので、早めに運指も決めて定着させました。

難所はやはり右手の53でトリル入れながらの2声の部分ですね。
最初は1拍に2音から始めようと思ったのですが、私がつかっているアンチョコ本(!)で3連符風に入っていたので、超絶ゆっくりからこの3連符風を練習して何とか入るようになりました。必死感がハンパないので、もっと自然な感じで入れられるといいのですが・・・先は長そうです。

それと苦手の8分の6拍子で、全体的に流れが良くないのですよね・・。
でもまだ弾きこみが足りない面もあるので、まだまだ頑張りますよ~楽しいし♪

【動画】バッハ | コメント(4)
レッスンで一応終了したのですが、苦手の3拍子が何となく分かっただろうという見込みでの終了でした。
今まで「敢えて不均等に」弾くことをよく言われていたのですが、何かを勘違いしていたようで、「流れて」しまわないように、と何度も言われました。

踊りの曲。タラララ~じゃなく、(ン)タタタタン♪
バッハの曲はいろんな解釈で弾けるけど、様式は大切に。

最終的には、こんな感じで。
レッスン当日の夜に録画したものです。今弾くとまた違う感じになってしまうのですが、これがレッスンでのイメージに近いです。
ものすごくテンポを抑えてコントロールしないと弾けないので、そっちに神経を使い過ぎてミス多発してます。


 
【動画】バッハ | コメント(10)
 | HOME | Next »