FC2ブログ
シューマンとブラームスの本番、終わりました。
1日ピアノイベントがあると周辺がバタバタになって、全然ブログを書くまとまった時間も取れず1週間も経過(汗)

イベントはシューマン&クララ、ブラームスの曲のみを丸一日かけて弾きまくる(聴きまくる)というボリューム満点の会。作曲年順に演奏するということで、同じ作品番号のものを数人で演奏する場合に人ごとに分断されることなくまとまって演奏されるのがとても良かったです。

私の弾いたシューマンの森の情景も、
・森の入口
・寂しい花
・予言の鳥
・狩りの歌
・別れ
という順番で演奏されたので、参加しても楽しく、聴いている方も楽しんで頂けたのではないかと

とてもよく鳴るピアノで、音響の良いサロンなので、以前弾いたときは響きすぎて緊張倍増した記憶がありましたが、今回は参加者も多めで聴き参加のお客様もたくさん来られたので、ちょうどよかったです。なるほど、座席が埋まるとちょうど良くなるように設計されているのでしょうね。

今まで意識したことが無かったのですが、シューマンとクララって結構歳の差カップルで、ブラームスはシューマンより23歳も若いのですね。クララの曲は少なめでしたので、前半はシューマン多めで、後半はブラームスオンリーのプログラムになりました。それぞれキャラが濃く、シューマンの初期は超絶っぽい曲が多めで若い!という感じ。最後のブラームス晩年の曲は重い重い。。

今回、好きだなあと思った演奏には感想などを書いて投票するスタイル(用紙は好きなだけ使える)だったので、私もたくさん書きましたし、結構たくさん票をもらえて感想を知ることができて嬉しかったです。シューマンやブラームスが好きな方は結構好きの思いが強く、演奏に表れていて、長丁場でしたが幸せな時間でした。クララの曲も素敵な演奏が多かったのですが、やはり曲の力が全然違っていて、シューマンやブラームスがどれだけ作曲の才能があったのかよく分ります。

私の選曲したブラームス、116にしてよかった。116はマイナーなので知っている方がほぼいなくて(頂いた票の中にお一人「大好きな曲です」と書かれていた方がいて驚きましたが)、あれこれミスったけど曲の良さは伝わったようで、シューマンよりたくさん票を頂きました。それと、本当は117を弾きたかったのがエントリー順でかなわなかったのですが、117以降はプログラムが最後の部になっていました。116はその前の部の最終曲だったので、最後の部だけでもゆっくり楽しめて良かったかな。

今回は参加者が多くリハ時間が短かったのと、練習不足も大きくて、森の弾き始めは慣れないピアノに四苦八苦していますが、少しずつ慣れてくるにつれて、深い音の良いピアノを楽しみながら弾く事ができてよい経験になりました。ブラームスはまだ音が頭に入っていない状態で想定以上にミス多発してしまいましたが、守りに入ることなく、焦ることもなく、やりたいことをやるのを優先したので、意外にも後悔はありませんでした。

客観的に聴くとやはり技術的にはまだまだなのですが、精一杯その世界観に入って演奏しました。お聞き苦しい箇所も多いですが、よかったら聴いて頂けると嬉しいです。





今月末の本番でこれを弾き納めようと思っていたのですが、都合により参加できなくなり、今回で弾き納めとなりました。

次の本番は多分来年になります。
以前撤退したベートーヴェンソナタ7番1楽章を弾きます
A子先生のベートーヴェンのレッスンがとても勉強になるので、すごく楽しみです。
スポンサーサイト



演奏会 | コメント(2)
 | HOME |