FC2ブログ

近況とリモートレッスン

2020/04/10 Fri 16:56

ご無沙汰しております。
緊急事態宣言のおかげでようやく職場が休校となり、ほっとしています。
時間があるので、家のこともあれこれ細かく気配りできるし、久々にブログも更新できてありがたい。


3月末後半まではレッスンに通っていましたが、4月からリモートレッスンを試行中です。
最初に試したのはビデオレッスン。
私が演奏動画をYoutubeにアップして先生にリンクを送り、アドバイスをメールで頂く形式です。オンラインの環境を整えるのがハードル高くて、まずはこの形式でやってみました。

今やっている曲が、バッハフランス組曲4番(アルマンド、クーラント)とベトソナ7番(3、4楽章)で、そこそこボリュームがあるので、メールは2回に分けて送って下さいました。

フランス組曲
まだ生レッスンでは1度しかみてもらっていない状態です。
でもバッハでいつも注意されることは、大体似たようなことが多いのですよね・・(苦笑)
それぞれの声部がきちんと音楽になっていること。長い音があったときに、たとえ指を離したりしていなかったとしても、そこにその音があったことを忘れて次の音を弾くとすぐバレます(汗)あとはフレーズの終わり方、始め方、声部のバランスとか。自分では気づけないことも多いので、良いお耳で聴いてもらえるのはすごく助かる。

一つ困ったのは、クーラントをもっと軽快にするために付点の捉え方を変えてみる(アウフタクトの感覚で)というのが、実際どうやったらそれで軽快にできるのか分からない。これはお手本動画を後で送ってもらえることになりました。

ベトソナ7番
これは既に何度もみてもらっている曲なので、逆に「ここ良くなりましたね~♪」というコメントが多めでした。動画撮影にあたって少しでも進歩させたくて、真面目に(地味な)練習したことが良かったかも

3楽章のトリオ、意外と左手3連符が難しくて。でも何かコツがある感覚があって色々試行錯誤した結果、ちょっと掴みかけていて。そこがとても良くなりましたと評価してもらえたのでテンション上がりました。

4楽章はもっとテンポを上げましょうとのこと。ううう、これ以上は(部分的に)とても難しい…この曲はいろんな要素が出てくるのでテンポを一定に保つのが難しく、無意識に弾いていると自由テンポになってしまいます。それをメトロで確認してある程度揃えるようにしたら、楽譜黒いところが弾けず、そこに合わせると楽譜白いところが間延びするという。それでどちらも成立する絶妙なテンポをようやく見つけたところなのです。少しずつ、テンポアップを意識して細かい練習を積み重ねることですね。

全体を通して
動画なので、途中で止めたりして普段より細かい指摘をしてもらえた気がします。(普段は生演奏だからそれだけでプラス要素が多くて、褒められる比率が高いような。いや目の前で一生懸命弾いているのを見て気を遣ってくれているのかしらw)
そしてそれがきちんと文章になっているので、思った以上に分かりやすいです。先生がマメな方でよかった。

次回は、そろそろオンライン練習会などに備えて環境を整えようと思うので、オンラインレッスンを試行してみることにしました。こちらは直接お話できるし、すぐにお手本も見せてもらえるので、その点は良さそうです。
スポンサーサイト



つぶやき | コメント(2)
 | HOME |