教室の発表会 

2016/04/03 Sun 17:54

ちょうど1週間前に教室の発表会がありました。
なんだかもう、1か月前のことのように感じられるのですが・・

会場はいつもの小さなサロン風の室内楽ホール。
ピアノは古い小型スタインウェイで、ちょっとくせのあるお嬢様風のピアノちゃんです。

こちらで発表会を年に2回のペースでやるようになって3回目かな。
毎回午前中にリハーサル、午後から本番だったのですが、今回は午前中枠がとれず午後から夜までというスケジュールでした。

最後のレッスンから連弾の練習をする時間が取れなかったので、当日の午前中に我が家で練習してから皆で一緒に会場に向かいました。連弾の練習といっても、一度合わせてみるとそこそこ流れ良く弾けたので、これ以上やって崩れると困るねといってそれでお終いに(笑)
コタに関しては、今回の曲は本当に最後まで一度も「これで大丈夫かな」と思えないまま当日を迎え(大汗)、当日の朝の練習でようやく「これならまあいいか」と思える演奏をしてくれたというトンデモ状態。ぎりぎりにも程があります

リハーサルは、出番通りなので私は一番早い時間で、まだ会場のスタッフさんが設営中の中で弾かせてもらいました。久々のこのくせのあるピアノで、やはり最初は鍵盤の浅さにびっくり。その固いタッチと出てくる音にギャップがあるように感じてしまうのですが、今回は手元で音がよく聞こえて、いつもよりは弾きやすかった。それにペダルが固かったのもなくなって普通の力で踏み込めるようになっていたので、ちょっとほっとしました。
師匠からは、音もきれいだしそれでOK、あとは時間がたくさんあるので楽譜をよく見て頭の中で音を鳴らす練習をしてくださいと言われました。前回はレッスンのように細かく指導が入ったので、このあっさり加減にちょっと脱力。

コタのリハは30分後くらいだったかな、子どもたちはお辞儀の仕方から始まっていて、コタが一番お辞儀がひどかった・・汗 首だけぺこりっと下げてもダメだってば。母として恥ずかしかった・・。今度からお辞儀の練習を事前にやっておかなくては。演奏については特に何もなく、いいですよ~と。朝仕上がった状態そのままキープしてて、ある意味すごいです。

ビデオの三脚のセッティングをしながらしばらく見学して、外に軽く食事に行き、戻ってから連弾のリハでした。こちらは途中で止められて、しばしレッスン状態でした~
それが終わると、そろそろ着替える時間。あ、ソロの楽譜を見るの忘れてた~!と思って開いてみたのですが、今更楽譜を見るとせっかく体に染み込んだ曲のイメージが中途半端に壊れてしまいそうで、長くは見ていられませんでした・・(゚д゚) これはいかんですね~最後まで楽譜は味方にしておかないと。

あっという間に本番が始まり、ソロはトップバッターだったので緊張する暇もなく気づいたら終わっていたという感じでした。
リハのときに感じたこの「苦手のピアノ」が少し弾きやすくなった感覚は本番でも残っていて、緊張しながらも景色が違って見えるような感覚はなく、平常心に近い気持ちで弾けたような気がします。
いや、そういう気がしていたのですが、録音を聴いたらやはりテンポがいつもより2割くらい速くてびっくり。やはり緊張でテンポが上がってしまってました。そんなつもりは全然なかったんですよ。平常心というハードルは相当高いのでしょうね。そしてそのせいなのか、普段全くなんでもないところで指が絡まって事故多発してしまいました。
それでも、自分の中では落ち着いてやりたいことはそれなりにできて、苦手のフランス物、苦手なピアノともここまで仲良くできたので、その点は今回よく頑張ったと自分を評価してあげようと思います。

コタは練習のときからミスしても止まらずごまかして突っ走ることが多くて、練習なんだからちゃんと部分練習せよといつも怒っているのですが、本番でこんだけのミスをしても止まらず行ってしまうというのは尊敬してもいいかも?という箇所があります。汗 あれだけ練習した装飾音が両方ともカスってしまったのは残念ですが、前日まであんな状態だったのに本番これだけ弾ければもういいです

自分のソロが終わってしまうと他の方の演奏が楽しめてよかったです。
お子様や大人になってから始めた方は特にですが、こうして定期的に発表会で演奏を聴かせてもらえると、上達ぶりに驚かされます。コタと同い年でピアノを始めてまだ1年半くらいの女の子がいたのですが、今回欠席で残念でした。

連弾はソロより緊張していないはずなのですが、やはり苦手箇所で手が迷ってしまったり、ここはこのピアノだったらこんな音じゃないよなぁという残念な箇所がいくつもありました。それでも、この曲の素敵なところをほかの方に聴いてもらって弾けることは幸せで、楽しかった~。

バイオリン教室との合同開催だったのですが、大トリで演奏されたベートーヴェンのバイオリンソナタ「春」が特に印象に残りました。この曲は大好きで楽しみにしていたのですが、期待しすぎだったはずなのに、それをさらに上回る素晴らしい演奏でした。

全部終わってからの師匠の締めの言葉が、毎回大いに褒めてくださるのですが、今回はちょっと別格に良かったととても嬉しそうにお話されていました。時間が遅かったので私もそうですが皆さんお疲れだったと思うのですが、何だかすごく報われたようで心温まりました。この発表会はリハが充実していて、大きなホールではなくどちらかといえば難しい会場なので、華やかな本番というよりはとても濃い本番勉強会のようなもので、今回も良い勉強になりました。

観賞用ではありませんが、よろしければ演奏お聴き頂けると嬉しいです。




 
スポンサーサイト
発表会 | コメント(2)
コメント
No title
発表会お疲れ様でしたー
録音聴かせてもらいました。
曲がねむぴさんにぴったりです。
あれからの短期間に仕上げたんですよね?
演奏もなんかプロっぽいです。
フランスもの、ガチで合ってます。
某所で聴かせてもらった連弾もさすが息がぴったりで良かったです。

リハーサルのミニレッスン?はうらやましいです。
心が落ち着きそうです。
ねむぴさんの1月の本番の時もだけど、本番前の食事が緊張をなくすポイントなのかな!今度やってみようかなー。優雅な感じがします。

私、ねむぴさんの影響もあって、こないだドビュッシーの楽譜を3冊も買ってきてしまったので、早くねむぴさまの音色に近づいて、私もおフランスに行きたいです。いつ来ることやら。

コタくんも上手になってますよね。
ねむぴさんが弾いてるのかしら〜〜くらい、音色が似てます。
コタくんの合間の絶妙なくしゃみに笑ってしまいました。
聴かせてくださってありがとうございました。
また、次の曲楽しみにしてます♪
ふくべさま~♪
こんにちは!
コメントありがとうございます~v-344

曲合ってましたか?
自分の中ではドビュッシーは合わないと思い込んでいたのですが、この曲だけはちょっと呼ばれる感じがあったのですよね。フォーレは以前ひどい状態でしたが一応本番に乗せた曲でして。

1月末の本番の後からなので、2か月くらいですかね。でもドビュッシーは前に譜読みを少しやってあったのでだいぶ助かりました。フォーレは「夢」があまりに短いので後から追加したから、もっと短期間でしたが、一度本番やっていると違いますね。以前は本当に危ない暗譜で、楽譜見ても弾けないのに音が全部不安だったんですが、今回はちゃんと安心して弾けました。少しは成長したんかな~(^^)

> 演奏もなんかプロっぽいです。
> フランスもの、ガチで合ってます。
> 某所で聴かせてもらった連弾もさすが息がぴったりで良かったです。

いやいや・・・∞
フランス物は以前ほかの曲やったときに散々で、今回もそのときほどじゃなかったけど、音が少ない分センスの無さがバレバレで、こういうセンスが問われる曲は10年早い気がします。
連弾は、曲がものすごく助けてくれました。いや、難しかったんですけどね~最初は随分凹みましたし。でも曲が素敵すぎて、合わせるのが楽しかったです。

> リハーサルのミニレッスン?はうらやましいです。
> 心が落ち着きそうです。
> ねむぴさんの1月の本番の時もだけど、本番前の食事が緊張をなくすポイントなのかな!今度やってみようかなー。優雅な感じがします。

このミニレッスンが良くて、教室の発表会は大好きなんですよ。初回はものすごく緊張しましたが、2回目以降はすごく内容の濃い本番経験になっている気がします。心が落ち着くのは、その通りで、本番で前向きにチャレンジできる精神状態になれるような。
本番前の食事~!笑 普段はあまり本番前には食べられないのですが、ここのドトールはリラックスできますよ。1月(12月かかな?)のときは、控室が贅沢でのんびりした雰囲気でしたね。ああ、またあそこで弾きたいですね~


> 私、ねむぴさんの影響もあって、こないだドビュッシーの楽譜を3冊も買ってきてしまったので、早くねむぴさまの音色に近づいて、私もおフランスに行きたいです。いつ来ることやら。

おお、3冊も・・!でも以前、アラベスク1番をアップされてましたよね?しかもいつでも弾けるレパだったような?今度は何を弾かれるんでしょうか。私はベルガマスクはいつかやりたいんですが、それ以外はもうドビュッシー様は無理かな。なんというか、解釈?が難しすぎる・・汗 弾けそうな曲がないのが残念だけど、ラヴェルの方がビビっとくることが多いかも。

> コタくんも上手になってますよね。
> ねむぴさんが弾いてるのかしら〜〜くらい、音色が似てます。
> コタくんの合間の絶妙なくしゃみに笑ってしまいました。

うう、ありがとうございます。コタは今回は曲があまりツボじゃなかったらしく(こんなに良い曲なのに~)、本当にぎりぎりまで弾けなくて焦りました。もしかすると、選曲が難しすぎたのかも。もうちょっとしてからこの曲させればよかったのかな。練習のときから、ミスするとねつ造してでも弾き直さない子で、本番もそれやってたのでさすがだなと(笑)
音色、似てますかね~でもよく言われるのでそうなんでしょうね。絶妙なくしゃみは、多分師匠です。笑


管理者のみに表示