この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
発表会

明日は発表会

2017/05/20 Sat 14:15

いろいろありすぎて、どこから書けば・・状態ですが、明日は発表会です。

現実逃避のため(笑)、かいつまんでいろいろ書きます。

ピアノ探しの旅は、素敵な出会いがあり、無事に終わりました。
これについてはまた記事にしたいと思っています。6月に搬入予定なので、そのときにでも。
購入を決めた直後にも、たまたま入荷したばかりの素晴らしいピアノを試弾に行き、そこに偶然展示されていたフォルテピアノを弾き比べたりして、余韻を楽しみました。さらに、6月には、今更ながら中古ピアノ選びのセミナーに参加予定です(笑)

あれから師匠のレッスンを2回受けました。
これも、そのうち記事にしたいと思います。いつになることやら・・ですが。苦笑

それとは別に、若手ピアニストのAOさんの出張レッスンを初めて受けてみました。
以前シューマンのユーゲントアルバム全曲コンサート(レクチャー付)を聴きに行ったことがあり、その後ブロ友さん企画のユーゲントアルバムレッスン会に参加してミニレッスンを受けたことがありました。
気さくで面白い(←失礼)AOさんなら面倒なお年頃のコタとのレッスンもうまくやってくれるかも?と思ったのと、私も一度しっかり教わってみたかったのでした。ブロ友さんたちに聞いてみると、気軽に出張レッスンなども応じてくださるとのことで、お願いしたのですが、これがとっても楽しかったです。

コタはインベンション1番とユーゲントアルバム14番(小さな練習曲)を弾くのですが、どちらもこれまで私が適当に練習させていただけだったので、チェックして頂けてよかったです。それほどおかしなことにはなっていなかったようですが、インベンションは少し流れ良く大人っぽい演奏を目指すことになり、ちょっと変わりました。シューマンは勝手にルバートをつけず、淡々と楽譜に書かれている指示のみに従って弾くこと。あとはペダルの基本のキを教えて頂けてよかった。たくさん褒められたので、コタもそれなりに期待に応えようと?普段と違う神妙な表情で頑張って弾いていました。

私はシンフォニア7番とモーツァルトをみてもらいましたが、まだ殆ど弾けてないシンフォニアを丁寧にみてもらえてすごく助かりました。師匠のレッスンに持って行くときは、ある程度弾けないと何も対応できないのですが、AOさんは「ここ難しいですよね~」と共感してくださりつつ、励まし上手(笑)に進めてくださるので、焦らず弾けるし、そんな状態でも音楽的なアドバイスや解説もたくさん入れてくださるので、練習の仕方が分かってとても良かったです。
モーツァルトは、相変わらずダメダメだったのに、「Nemupさんに合ってますね」と褒めてくださり、自信を持たせてくれました。いやだからといって、弾けるようになったわけでもないのですけれど。楽譜の読み込み方やペダルの活用方法や、いろんなアイディアをくださったり、ふんだんにお手本も弾いてくれるので、なんといえばいいのか、今まで部品の寄せ集めのようだったものが1つの曲としてまとまってきたかも?手拍子も良い感じで、崩壊しがちだった速い部分が通る確率が上がったり。
自己流で調性を分析していたのもみてくださり、謎ながらも「こうかな?」と思っていた部分、「その感性合ってますよ♪」と。
質問しやすく、優しいので緊張せずにいろいろ細かいことを教えて頂けてよかった。これからもお助けレッスンお願いしようと思います。
AO先生の名言「モーツァルトの半音階って可愛いですよね♪なんか猫みたいで」←ホントホント!!(爆笑)

先週末は、ピアノ仲間と某リゾート地に「ピアノ合宿」に行ってきました。
絵本がたくさん置いてある小さなホールがついたペンションで、お茶を飲みながら絵本を眺めながらピアノと戯れて、美味しいものをたくさん食べて、楽しい時間でした。これも記事にしたいんですけどね~。
IMG_20170513_165507.jpg
朝食がこちら。夕食はもっとすごかったです。(これで終わりかと思ったらメインが出てきて、デザートも豪華でした!笑)
IMG_20170514_081148.jpg


現実に戻って・・(笑)
昨日ようやく発表会のプログラムが送られてきたのですが、私の出番は最初の方だと聞いていたのに、最後から2番目になっていてビックリ。最後まで緊張しているのも疲れそうだし、そのタイミングでこけてしまうとトリの方が弾きにくいと思うので、めちゃ緊張しそうな・・汗汗
でも、モーツァルトだし(意味不明 笑)、楽しい曲なので、楽しく弾きたいと思います。
そうそう、連弾は事情により今回は無しになりました。またどこかで、本番にかけられたらいいなと思います。

実は来週もう一つ本番あります(爆)
そこでシューマンのユーゲントアルバムから前にみてもらったお気に入りの小品を弾くので、前日にお忙しいAO先生のレッスンを半ば無理矢理入れてもらいました。今度は時間の関係で都心のスタジオです。楽しみです。

さて、明日の準備にかかります~
ピアノあれこれ | コメント(1)

レッスン(2017-9回目)

2017/05/03 Wed 17:45

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
レッスン

試弾の旅

2017/04/29 Sat 17:46

つい先日、レッスンもあったのですが、ちょっと違うお話です。

前回の調律のとき、調律師さんに指摘されたのが、ハンマーそろそろ交換を考えた方がいいかもしれないとのこと。
今のピアノは、中古でご縁あって我が家に来てくれたもので、とても味わいのある音の良いピアノですが、何でも柔らかく受け止めてくれるというのか、外で繊細なピアノを弾く機会があるとうまくコントロールできないという意味で、少し物足りなさを感じるようになってきて、買い替えを検討しては諦めて・・というのを何度か繰り返していました。
ハンマー交換となると、まとまった費用がかかるので、それがポンと背中を押してくれた感じで、今度こそピアノの買い替えを検討することにしました。

早速何かと頼りになるSさんに相談して、あちこち試弾の旅に出かけています。
必ずしも、そこで候補のピアノを選ぶというものでもなく、いろんなピアノに触ってみるという感じで、のんびりやっています。

最初に行ったお店は、外国のピアノばかりの、ちょっと敷居が高いお店ですが、アップライトを試弾する方にくっついて(←金魚のふん(笑))、いろいろ触らせてもらってきました。アップライトの世界も奥が深くて、グランドピアノにも負けない音と表現力のピアノがあったり(そういうのはお値段も国産グランドよりお高いわけで)、素敵なサロンに置いてあるような素晴らしいグランドピアノにもたくさん触らせて頂き、こういうのは全然買えないのに申し訳ないやら、楽しいやら(笑)

また別の日には、今度は某国産ピアノの試弾に都心某所や以前住んでいた郊外某所を回りました。
Y社の中古ピアノは意外とお高くて、それなら新品でも買えるんじゃないかと、新品も試弾してきましたが、新品はまだ音が鳴らないので、鳴ってくるまで数年かかるのもちょっと・・と躊躇してしまいます。弾き比べるとどうしても、サイズは大きい方が欲しくなってしまう、そうなると予算オーバーなので、結局振り出しに戻るという。

Y社のピアノ以外もたくさん弾いてきました。弾ける曲は殆ど無いので練習モードですが、SさんYさんと一緒なので心強かったです。人に弾いてもらっていろんな角度から音を聴いてみるというのも、すごく助かりますね。あとから、あのピアノはどうだったとかいう話もとっても楽しいし。

3度目の旅はつい先日。
郊外の大きめのショールームで中古のC3(サイレント付)と新品C3X数台を試弾させてもらいました。が、この日も他にいろいろな高級ピアノを触らせてもらって、楽しく勉強させてもらいました。新品3台の比較は、確かに音の違いがあるのは分かるのですが、どれが良い(好き)かを選ぶというのは難しいですね。
選んだピアノで、好きな音の傾向が分かるのだとSさんたち。整った音のピアノが好きなんだね~、と。でも、一番鳴ってるピアノはこっちかな、と別のピアノを指して言われました。そうか、そういうのはまだよく分からないんだよなあ・・。
ただ、比べることで違いというか特徴が少しずつ分かってくるというのはありますね。最初に触った中古のC3、悪くないと思ったのですが、いろいろ触ってから戻ってみると、タッチがフニャっとしてあまり気持ちよくないかも。もしかすると、消音装置のせいかな。はっきりとは分からないんですけどね。

素晴らしく良いピアノを触ってから、候補のピアノに戻ってくると、また違った感触があります。海外旅行から自宅に戻って落ち着く感じというか(笑)素敵なイメージを持って弾けるようになっていたり、とか。これはこれで、きれいな音だなぁと思ったり。

いろいろ触ってみて気づいたのは、海外のピアノで好きだな~と思うのってベーゼンドルファーが多いということ。古いピアノで、それぞれ音は全然違うけど、それぞれ良いんですよね。まあ、予算と1ケタ違うので何言ってんだ、って感じなんですけどね。
IMG_20170402_132911.jpg

やはりC3Xは予算オーバーだし、C2Xはあまり売ってないし、C1Xだと今より小さいサイズになってしまうので、C3あたりの中古をもう少し探してみることになりそうですが、試弾の旅はどれもとっても楽しかったです。まだ続きます・・
つぶやき | コメント(4)

シンフォニア6番

2017/04/14 Fri 13:39

お正月頃に譜読み始めて、先日のレッスンでようやく終わりました。
すっかり新曲(7番)の譜読みに没頭していて、あっという間に忘れそうなので、焦って録画しました。
穏やかな気持ちになれる長調のこの曲、とっても好きでした。
途中からタッチの改善に取り組み始めて、最初の録音とは音がすごく変わりました。同じ曲なのでよく分かって面白いです。


譜読み中の7番、片手ずつでも手ごわいです・・汗
でも、片手ずつでも綺麗で楽しめます!
【動画】バッハ | コメント(2)
« Prev | HOME | Next »